こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


今日は(も?)ちょっと地味な話題、「物干し竿」です。

これまで暮らしていた家は、物干し竿は3mほどの長さがあれば十分でした。
新居はまず、竿をかける「ホスクリーン」を取り付けるところから始まりましたので、どの範囲に竿をかけるか迷いました。

「ホスクリーン」は、壁に2つ取り付けて、その間に竿を渡すもので、竿を入れる穴がいくつかあり、上下動させることができるものですね。

これまでは継ぎ目のある伸縮式の竿を使っていましたが、新居には一本もの(っていうのかな?)の竿がほしいと思い、いつものように楽天市場を探し回り、こだわりの竿を見つけました! 
 


寄って撮ることしかできませんでしたので見にくいのですが…こちらの商品です↓

 
トップの写真では、竿部分がシルバーっぽいのですが、アップの写真はブロンズっぽい色。
このお店には「ブロンズ色」と紹介している商品もあり、そちらとも迷いましたが、アップの写真の竿の色合いが、我が家のホスクリーンの色や、サッシの色、そして名前がわかりませんが、ベランダの柵の上部分などとほぼ同じように見えましたので、この商品にしました。

キャップの色が選べるのもいいところで、私は「シルバー」を選びました。

1本から4本セットまであり、私たち家族分と、一階の夫の親世帯分で、2本ずつとして4本セットを購入しました。

ご覧の通り、色はあつらえたようにぴったりで、毎日洗濯物を干すたびにじわじわと喜びがこみ上げてきます(^_-)
「いい竿でしょう」と夫に自慢したりして変な顔をされたりしています。
竿としては高価なものですが、毎日使うものこそ気に入ったいいものを選びたいですよね。

大工さんは、「4mの竿で大丈夫でしょう」とおっしゃったのですが、4mはとても長いですので、購入前は本当にその長さでいいのか心配になり、ホスクリーンとホスクリーンの間の長さとともに、お店にメールで問い合わせをしたところ、驚くほどすぐに返事をいただきました^^
やはり4mで大丈夫でした。



この竿、4mですが、とても軽いので、持ち運びも楽なんですよ。
ただ軽いので、風で飛んでいかないように竿止めも購入しました。
ぴったりな色ではないのが残念ですが、でも、シンプルな形状のグレーの竿止めです。


この竿止めを取り扱っているお店はいくつかありますが、発送が早く、税抜1,900円以上で送料無料になることもあって、いつも利用しているケンコーコムというお店で、他のものと合わせて購入しました。
両側に使いますので、2個セットを4セット注文しました。


そうそう、長い竿を持って家の中を移動するのは大変ですので、竿は家の外から庭へ回って設置しました。
1階はともかく、2階はどうしたの?とお思いになりましたか?
2階の分は、まず庭で梱包をすべて取り、タテにして持ち上げ、夫に2階のベランダに出て受け取ってもらいました。
軽いので楽々です♪
ただ、長さはありますので、購入を検討している方は、いろんなところ(特に隣家など)にぶつけたりしないように気をつけてくださいね(^_-)

文中に出てきた、「ブロンズ色の竿」とはこちらの商品です↓






フィギュアスケート・男子シングルの小塚崇彦選手が引退を表明しましたね。

小塚崇彦オフィシャルWEBサイト

小塚選手はバンクーバー五輪に出場し、4回転ジャンプを決めたこともあり、直後のテレビ出演の際、高橋大輔選手(当時)に「ソチの星」と言われていました。
ところが実際にソチ五輪に出場したのは、当の高橋選手、急成長を遂げた羽生選手、そして町田選手(当時)でした。

めずらしい拍子の曲を使った演技と、2014年の全日本選手権でのガッツポーズ、美しいイーグルが特に印象に残っています。

朴訥な話しぶり(失礼!)とは正反対のなめらかなスケーティングが持ち味のすばらしい選手でした。

自身のスケートを追求し続けた姿、きっといつまでも覚えていると思います。
引退は寂しい気持ちもありますが、でも「本当によくがんばったね」と声をかけたくなる、そんな選手でした。