こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

久しぶりに家族旅行に出かけています。
昨日は、ベビ太が生まれ育った家へ行き、その後、当時親しくしていた人たちに会ってきました。

転居後以来でとても感慨深く、立ち去りがたかったのですが、当の(?)ベビ太は「早く行こうよ~」。
まあ、赤ちゃんのときのことですので、当たり前ですが…。

環境がとても気に入っていたところで、やはりいいところだなあと思いました。

駅の周りや、親しくしていた人たちにはいろんな変化もありました。

庄野潤三の、日常の出来事を綴った作品を思いました。
どんなことも不変ではない、だからこそ今ある日常が貴い、という愛おしみのような、哀しみのような、そんなものを思いました。





そして今日はよく旅行に行っていたところへ移動。
ランチがとてもおいしく、大満足でした。



私の注文した辛口カレーはもちろんおいしかったのですが、お子様カレーも驚くほどおいしかったです。



鶏料理も。



大食いの我が家ですので、他にもいっぱい食べましたよ~。


庄野風に言えば、「マンロクマンロク」といったところでしょうか(^_-)