こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

先日裁断を済ませたカルトナージュの通信講座の2つめのレッスン、「フォトフレーム」が完成しました。





角の処理の仕方や(角の処理、難しいです、まだきれいにできません…)、ちょうつがいの作り方、写真が出し入れできるフレームの作り方などをふんふんと思いながら作っていき、フレーム内窓の開け方もへえ~と思いながら作り、さて、フレームを本体につけるぞ!という段階になって、ハタと気がつきました。

そう、フレームの内側に貼るはずの生地がないことに。
裁断したときに気づくべきでしたが…。

もう一度よくよく見てみると、「作品シート」に掲載されている完成写真のフレームには、生地が何も貼られていないではありませんか!

でも、テキストでは、フレームにも生地を貼るように書かれていて、たった今、なるほど~と思いながら貼ったばかり。

この講座、以前も書きましたが、受講しようと思ったときには終了になっていて、最近新しい講座(Ⅱ)になったもの。

このためか、テキストは終了になったときのもので、テキストに載っている使用生地などもそのときのもの、裁断サイズと完成写真の記載された「作品シート」は新しい講座のものになっているんですね。

それでこのようなことになったものと思われます。


しかたがないので、フレームの内側(写真が入るところですね)には、手持ちのピンクチェックのコットンを使いました。



「作品シート」の完成写真では、ここに本体と同じ生地が貼られているのですが、写真を入れてしまえば見えなくなるところですので、結果オーライ、ではないでしょうか。



そして最後に…裁断した深緑色の製本用クロスが2枚、余りました。
もしかしたら、これをフレーム内側に貼ればよかったのかしら??

この講座にはDVDもついていて、もしかしたらそれにはきちんと説明があるのかもしれませんね。
音が出るとこどもたちが起きると思い、まだ見ていないのです。

私の今回の体験が、これからこのフォトフレームにチャレンジしようとなさっている方の参考になれば幸いです^^;


あ、フォトフレーム自体は、テキストでたくさんの手順を見たときにはひるみましたが、思ったよりすいすい進み、楽しかったです♪


ぱたんと閉じると本みたいですね↓






大好きなカワセミくんの写真を入れたところ↓




やっぱり素敵な生地です。