こんにちは、megosuriです。
お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

昨日のラベンダーに引き続き、今日はビオラの花びら染めについて書きますね。

参考にしたのは同じく「はじめての草木染め」(母袋信恵著)。



庭のビオラのうち、赤紫色の花をつんで染めてみました。



ちと水切れで、倒れています。
すぐ水やりしました。

10gくらいかな。ほんの少しです。



花びらを1枚1枚お茶パックにつめます↓




水と酢をそれぞれ80ccずつ入れたボールに花びらのお茶パックを入れて、手袋をはめてからぎゅっぎゅっともみます。



初めちっとも色素が出てこなかったので、花が少ないからかな、これじゃ酢染めになってしまうな、と心配していましたが、少し経つと、こんなに赤くなってきました。

そしてお茶パックはこんなに小さく↓



これに水でぬらしてしぼった布(ガーゼ・15×15cm)を浸します↓





よくもみこんだら、そのまま火にかけ50℃くらいまで温めます(と言いながら、湯温計を持っていないので適当です…。本にそう書いてありました。湯温計、買わないと…)。





火を止めたらそのまま冷まします。

取り出すと、こんなにきれいなピンク色!



これを、流水でよく洗い、きれいなタオルで水気を取って、陰干しするのですが…。

洗うと薄いピンク色になりました↓



染液と比較すると、かなり色が違いますね↓



記念に(?)お茶パックと染液を↓





染液は、赤ワインのような色合いです。

今度はラベンダーとビオラの染液を並べて。
左の金色の液がラベンダー、赤い方がビオラです。



乾かした布はこちら↓



ビオラなのですが、ぱっと頭に浮かぶ「ラベンダー色」ですね。

ラベンダーとビオラ、並べてみますね。



左の黄色っぽい方がラベンダー、右のラベンダー色のがビオラで染めたものです。

淡い色がどちらもきれいです。

せっかくの染液がもったいないので、さらに紙を浸してみました。

まずは、コーヒーフィルター。



上がもともとのもので、下のあまり色が変わらないように見える方がラベンダー、ピンク色に染まっているのがビオラです。

白いフィルターの方が、色の変化がわかりやすかったかもしれませんね。

そして白い便箋。
下に敷いているのがもともとのもので、こちらはラベンダー↓



そしてこちらがビオラ↓



コーヒーフィルターは濡れてもいいようになっている紙だからか、比較的よく染まりました。
便箋は、かなりピンとした紙で、水をはじくような感じでしたので、それほど染まりませんでした。
どちらもラッピングなどに使えそう。

染液はこの他にも筆につけて絵を描いてもいいかもしれませんね。

草木染め、どんな色に染め上がるのかわからないのが、わくわくします。
そして、ラベンダーを煮出しているときは、家中がとてもいい香りに包まれて、至福のときでした。

染めたガーゼは、刺繍を施してから、何かに仕立てたいと思います。







☆本☆