こんにちは、megosuriです。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

「komihinataさんの小さなハンドメイド 大人気コレクション」の中から、“スマポ(スマホポーチのこと)”に挑戦してみました。



表地、裏地とフラップ布の3種類、布を選びます。
これがなかなか時間のかかる作業。
komihinataさんの作品は、布を前に妄想したい!(布選びを楽しみたい!)という方にはぴったりですね。



表地と裏地を袋にして、フラップも作って、全体を組み合わせるんですね。
簡単にできそう、と思ったのですが、この最後の“組み合わせる”というのが難しかったです。

なにしろ小さいものなので(口のところぐるっと32cmくらい)、フラップと、手提げになるワックスコードは先に仮縫いしてから表地と裏地の縫い合わせをするにしても、そもそも仮縫いのときからフラップやワックスコードがずれてきてしまうし、ああー、縫う場所が口から遠すぎて、やり直し~となって、こんなあとが残ってしまいました。



また、本当はこんなふうに↓



なるはずでしたが、できあがってチェックしているうちに、ワックスコードがスポッと抜けてしまいましたので、これで完成としました。



表地は、薄いグリーンに赤や黄色、白、グレーのドットがふんわりと散らばっている、たぶん伊藤尚美さんデザインの、ダブルガーゼのもの。
キルト芯を貼ったので、さらにふんわりとした雰囲気になっています。

後ろ側↓



RickRack11周年で買い物をしたときにもらったタグをつけてみました。

ちらっと見えるリネンタグもRickRackさんのもの。
挟みタグは、なくても機能面では問題ないものですが、あるとぐっとかわいくなりますね。
裏地には、これもダブルガーゼの、白地に水色のドットを組み合わせてみました。



フラップの黒地に白のドットの布は、slow worksさんの、チロルリボン+αの福袋に入っていたもの(この福袋、とってもお得で素敵なものがザクザク入っていましたので、いつかご紹介できるといいなあと思っています)。

全体がふんわりしているので、ひきしめ色で黒にしてみました。

ワックスコードをとめるためのくるみボタンは(ワックスコードは取れてしまいましたが)自作のもの↓



これは以前、ダブルガーゼのハギレを使って作ったものです。
薄いグリーンの表地に合わせて、黄緑色に白のドットのものを選んでみました。

反対側には先ほどのRickRackのリネンタグ↓



コードは取れてしまいましたが、せっかく作りましたし、バッグの中で画面のキズつき防止になると思いますので、このまま使おうと思います。



ふんわりやわらかな感じがとても気に入りました。

今日のおまけ。
ドット好きです↓



ウチのおむつベビー。