こんにちは、megosuriです。

RickRackの作り方テキストと布がセットになったバッグをいくつか作ってみることにしました。


麻デニム チェック大 でつくるたて長トートのセット・ベージュ


布と持ち手のコットンテープ、タグ1枚がテキストと一緒に入ったセットです。
脇を縫って、口を縫って、コットンテープをつけて。
中にポケットもつけてみようと思い、余り布で適当にポケットもつけました。



ただ、タグをつけるタイミングが悪く、手縫いになってしまったのが反省点。
でもまあ簡単にできたので、うれしくなりました。

次は「たて長bagのキット」。
ギンガムツイードの布とタグ、それにテキストがセットになっています。
色はパセリグリーンにしました。
布の柄がチェックになっていて、それに合わせて作っていく方法を取っているので、とても作りやすかったです。
持ち手もこうやって作るのか、と勉強になりました。
でもまたもやタグは手縫いになってしまいました。
どうしてタグを縫いつけるのを忘れてしまうんでしょう。



こちらは布が余らなかったので、後日同じ布を買い足し、袋口を一度ほどいて、ポケットを縫い込みました。



最後に「麻デニム チェック大 でつくるマチ付きトートのセット」。
色はベージュにしました。
布と、コットンテープ、タグ、テキストがセットになっています。
持ち手のコットンテープがバッグをぐるっと囲んでいるこのタイプのバッグはよく見ますが、こうやって作るのか…と思いながら作成。



外側にも内側にも余り布でポケットをつけました。
今回のタグもかわいいですよね。



どれも説明がわかりやすくて、スムーズに作ることができました。
3つのレシピで、基本的なバッグの作り方が学べてよかったです。