こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


ベビ太の上靴入れを試作してみました。
見たところ、ただの細長いトートです。
というより、正真正銘のトートです^^ 



タグはW−Note*のフラッグ柄で、意味深な(?)メッセージ入り。
返し口を手縫いで閉じなくていいよう、私にしてはめずらしく、口のところを端縫いしました。
ガタガタだわ…。 



持ち手は、2cm幅の綾織のテープを使いました。
小さな手でも持ちやすいよう、持つ部分は二つ折りにして縫いました。 



内布はオリーブグリーンのリネン。
汚れが目立たないかなと思って、暗い色にしました。
でもどうなんでしょうか?暗い色だと汚れが白っぽくつくかな?
小学生の保護者の先輩方、ぜひご指南ください(^_-)

開閉はマグネットボタンです。
クラスや名前が書けるよう、スタンプテープを縫いつけておきました。
点線の上にクラス、下に名前を書くつもり。
靴と鳥のスタンプを押しました。 



マチは6cmほどあります。
脇の縫い目と底の縫い目がぴったりと合った上、底中央の花が、なぜかぴったりと合ったのでちょっとうれしい♪



反対側はシンプルです↓



この生地、レトロかわいいな、と思って、ミミのところを見たら、「YUWA LIVE LIFE COLLECTION」と書いてありました。


YUWAの生地は、エレガントなものからかわいらしいものまで、本当に幅広く深いですね。
手元にある、「あっ、これかわいい!」という生地、ミミを見るとYUWA、ということが本当に多いです。

よく見る上靴入れは、持ち手が1本になっていて、Dカンに通したりするような形のものが多いですよね。
ただ、あの持ち手の向きって、学校でフックにかけにくくないのかな?とずっと思っていました。
それで今回作った上靴入れは、持ち手を普通のトートバッグのようにしてみたわけです。

ただ、接着芯を貼らなかったので、持ち手を持つと口の辺りがふにゃふにゃしてしまいました。
開閉はマグネットボタンなので楽なのですが、口のところをすっきりさせたいなら、やはり先日ちらっと思ったように、持ち手つきの巾着タイプがいいのかなあとも思います。

また試作してみます。


ところで今回作った上靴入れ、下半分を折ってみたら、なんだかいいサイズ感でした。
この大きさのミニバッグやポーチ、いいかも♪