こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


やっと(!)連休続きが終わりますね。
ハンドメイドは全くできず、こどもたちの相手をしながら、ナチュラルクリーニングを試したり、本を読んだり(買ったり)、その結果インターネットでショッピングをしたりの日々でした…。

 
先日セリアでナチュラルクリーニング用の重曹などの容器を購入したことを書きましたが、その延長というと変ですが、タイトルだけは目にしたことのあった名著、「お風呂の愉しみ」など前田京子さんの著書数点を図書館で借りてよかったので、さっそく購入しました。

まずは「お風呂の愉しみ」。
 


お風呂で使う大切なもの、石けんについてが大部分を占める名著。
手作り石けんのことを熱く美しい文体で書かれています。
後ろの方には、手作りの化粧水やクリーム、 歯磨き粉などについても書いてあり、読んでいるだけでうっとりしてしまいました。
“湯浴み”という言葉が思い浮かびました^^
 

さらに、手作り石けんについて詳しく書かれた「お風呂の愉しみテキストブック オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る」も。



こちらも美しい文体とともに、きれいな写真、丁寧な説明で石けんの作り方が書かれています。

こちらは図書館では数十人待ちだったため、待ちきれず購入した「はっか油の愉しみ」。 



和はっかのオイルについてだけ書かれた本。
はっかのさまざまで日常的な使い方が書かれていて、あちこちに付箋を貼りました。 


あわせてこちらも。
「ひとさじのはちみつ」。 



この本を読みながら、そういえば口内炎ができたときに、はちみつを塗ったら早く治ったなあと思い出しました。

他にも前田京子さんの本を古本も含め購入。

読んでいたら、石けんを手作りしたくなったのですが、気がかりな点もあり、まずは違うタイプの石けんや、リップクリーム、化粧水などを手作りしてみたいなあと思っています。

それで、ナチュラルクリーニング用の重曹などの他に、あれこれ材料を取り寄せているところです。


私自身もですが、娘たちにも健やかな皮膚でいてほしいなというのが大きな理由です。
そして布のものに限らず、自分で作るって楽しそうですよね♪
それが一番の理由かな。







  




お風呂の愉しみ [ 前田京子(編集者) ]
価格:1620円(税込、送料無料)




はっか油の愉しみ [ 前田京子 ]
価格:1500円(税込、送料無料)





昨日今日と、転居してきてから初めて(遅い!)取扱説明書を読んで、浴室の排水口などの掃除を“ナチュラルクリーニング”して喜んでいました。

ところが今夜のお風呂、お湯張りの終わりが近づくにつれ、お湯が出てくるところから変な音が…。
そして先に入った夫やこどもたちがお風呂にまだ入っているのに、なぜかお湯が抜けていってしまい、なんだろう?と思ったら、(おそらく)浴槽から排水口へ続く部分の排水パイプが外れていたために発生したトラブルのようでした。

外せるところは徹底的に外して掃除したのはよかったのですが、その後きちんと取り付けていなかったのがいけませんでした。 

それにしても、自動お湯張りは、お湯が出てくるところと排水するところが連動しているんですね。
不思議不思議(ってのんきなことを言っている場合ではありませんね(^_-))。