こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

最近、というよりかなり以前から悩んでいる問題、それは“ミシン”のことです。

私のミシンは、SINGERの『モナミヌウプラス SC−207』。
ミシンを買うのは初めてのことだったので、念入りに調べて、私にしてはかなり思い切った買い物をしました。

ところが、まずは腕の問題があるわけでしょうが、リバティなどの薄いものを縫いたいとき、逆に帆布やキルティング、もふもふの生地等を縫いたいときに、少々物足りなさを感じるようになってきたのです。
そうなると、考えるのは“職業用ミシン”のことです。

ミシンについては、冬にロックミシンを買ったばかり。
実はこのときにも、ロックミシンを買うか、職業用ミシンを買うかで悩んだのですが、「今ない機能を」と考え、ロックミシンにしたんですね。

腕を磨いてモナミちゃんとともに歩んでいこうと思っていたのですが、やはり気になる職業用ミシン。
買うならこれ、と決めてあり、アタッチメントもほぼ何を買うか決めてあるのですが(ふふ、そうなんですよ)、使いこなせるだろうか、やはり分不相応だろう、場所はどうする、そしてモナミちゃんは…などと悩む日々。


そしてふとモナミちゃんの『使用の手びき』を見返していたら、“飾り縫い”という機能があることに気がつきました(遅い…ですね)。
そこでちょっといろいろと試し縫いをしたのがこちら↓




おもしろいなあと思ったのは、アップリケをつけるときに使う縫い方。
他にスカラップ、それにまるで刺繍のような連続模様。
“伸縮強化縫い”という、直線とジグザグの3重縫いもあって、これは丈夫で伸縮性のある縫い目なので、バッグやポケット、袖、パンツの股の付近など、力がかかってほつれやすいところをしっかりと縫い合わせてくれるものも。

ジグザグ縫いなどのふちかがりに美しさを求めてロックミシンを購入したのですが、ふちかがりについてもいろいろな縫い方がありました。

ちょっと早まったかしら、いやいやでも…リバティも帆布もばんばん縫いたいし…とますます悩んでしまうmegosuriなのでした。