こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ロックミシンを買ったらやってみようと思っていた“巻きロック”にはじめて挑戦しました。
ダブルガーゼを2枚合わせて、縁取りを巻きロックに♪



巻きロックをするには、今まで、というより購入したときからそのままになっていた、2本針4本糸を1本針3本糸にし、上ルーパー糸を今かかっている糸から、ウーリー糸に変える必要があり、ちょっと面倒に思っていたんですね。
それでようやく夕べ、重い腰を上げたというわけです。

ロックミシンの左針を、付属のマイナスドライバーでねじをゆるめて抜き取ります。
針が落ちないよう、片方はお手入れ用のブラシになっていて、もう片方に穴があいていて、そこに針をはめこめるアイテムを活用します。

…と、針は抜けましたが、つかえて外に出せない!と思ったら、ブラシの上下の向きを逆にしていました。

やれやれ、と思いながら、今度は糸替え。
これは、これまで入っていた糸と、新しく使う糸とを結んでから、引っ張れば、そのまま新しい糸が出てくるというしくみを利用します。

が、どれが元の上ルーパー糸なのかわからない!
針の下で、糸が編み込まれた状態なので、よくわからないのです。
それでもどうにか該当する糸を見つけ、そろそろと引き始めたら、ぷつん、と糸が切れてしまいました。

それで、もう一度それまでつけていた糸を通すことに。
はじめてのエアスルー糸通しを体験します。
これは、穴に2~3cm糸を上から入れて、レバーを下げると、糸がひゅう~っと針の近くまで飛んでいくというもの。

ところが、この「2~3cm糸を入れる」というのに時間がかかり…。
糸がちょっとふにゃふにゃするんですね~。
何度かやったら糸が通り、めでたくはじめての巻きロック♪







ロックミシンの縫いの美しさに感動していた私は、別に巻きロックじゃなくても縁取り、きれいだよね、と思っていたのですが、巻きロックは全然違いました。
慣れた方からしたら「なんだこれは」と思われるようなものかもしれませんが、私にとっては感動的な仕上がりのハンカチです^^

手元のダブルガーゼを全部使う勢いで練習します。