こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

以前作ったアンの木のモンキーパンツ、80cmでちょうどよかった下の娘・ベビ次郎ですが、ここのところ大きくなったために、フルレングスがクロップドになってきて寒そうでした。

このパターンでは何枚もモンキーパンツを作っていて、よくはいてくれているのですが、どれも寒そう。

ロックミシンの練習もかねて、久しぶりに、今度は90cmサイズで作ってみました。



パターン:まるごとモンキーパンツ型紙セット・90・ストレート・広め幅



前がわかりやすいよう、手元にあったボタンをつけて↓



後ろはこんなふうになっています↓



モンキー部分は、特にロックミシンでよかったな、と思った箇所です。
以前は縫い合わせがきれいにできず、ところどころすきまがありましたので…。
今回はここがすべてきれいにふさがっています^^;


ウエストの内側部分↓



使用しているIchigo-Yaのオーガニックコットンボーダー、やわらかくて少し伸びやすいので、ロックミシンで縫うときに、“差動レバー”を上げた方がよかったかもしれません。

このレバーは、ロックミシンの右側、プーリーの手前にあるものなのですが、これを上げると(縮み縫い)伸びやすい生地を伸ばさないよう縫え、下げると(伸ばし縫い)、生地を伸ばしながら縫うことができるもの。
うまく使えば縮み縫いで裾の始末、伸ばし縫いでフリルを作ることもできる機能を持っているレバーなのです。

次、やってみようっと。
練習だというのに、ついつい無精して、試し縫いをきちんとせずに作ってしまいました。


90cmだと、フルレングスになりました^^



前の印のボタン、ベビ次郎は、自分のおへそと見比べていました…。
まあ、これで前だとよくわかるでしょうから、ねらいどおりではありますね。